経営効率化推進センター協同組合
活動報告組合概要事業内容受け入れ可能職種お問い合わせ
第15期5名・第16期3名の実習生が来日

 6月26日(日)、弊組合15期生となる新しい技能実習生5名が来日しました。そして、その約1ヶ月後、7月27日(水)に弊組合16期生となる3名の技能実習生が来日しました。

皆、それぞれの夢や希望を持って、日本へやってきました。日本での新しい生活の始まりに、喜びを隠しきれない様子でした。

組合15期生5名
組合16期生3名、受入れ企業の方と

16期生の集合研修開始!

 入国後、早速集合研修開始です。先ずはオリエンテーションで寮の施設の使い方や生活上注意すべき点等を教えます。
翌日からは、いよいよ日本語教育の始まりです。弊組合の実習生は通常、中国において約半年間日本語を学習してきます。
それでも、まだまだ十分に日本語を使いこなせるレベルではありません。集合研修で少しでもレベルアップを図り、受入れ企業様での 実習を円滑に進められればと思います。
集合研修では、日本語教育のみならず、様々な行政や関係各機関の協力を得て、日本で生活する上で必要な知識も学習します。

15期生は企業で実習開始!

 先に入国してきた15期生はいよいよ企業で実習開始です。15期生も集合研修で様々な事を学習しました。
福岡市西消防署が主催している普通救命講習を受講したり、警察官による生活安全・交通安全の学習もありました。
また、福岡市防災センターでは、消火活動・避難の訓練や、地震・台風といった自然災害の体験も行いました。
行政書士の先生からは、法的保護に必要な情報について学習しました。実に盛りだくさんの内容です。
その合間を縫って、海や山へ行くこともありました。日本での生活にも慣れ、いよいよ企業へ赴任しての実習開始です。

 受け入れ企業様におかれましては、今後3年間いろいろとご面倒をおかけするやもしれませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 初めのうちは、日本語を上手く使いこなすことができないかと思います。日本語は難しい言語である上、仕事で使う専門用語は、これから学習しなければなりません。
その為、受け入れ企業様でも、実習が円滑に進むよう、日本語の面でもサポートをいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本語学習の模様
和室で日本文化を実感
応急手当の実践練習
警察官による講習
福岡市民防災センターで
消火活動の実践練習
震度7を体験
法的保護の情報学習
懇親会で激励を受ける
日本語の歌を披露


 
 
 
 
(経営効率化推進センター協同組合)
 
 
TOP | お知らせ | 組合概要 | 事業内容 | 活動報告 | 所属団体 | 受入制度案内 | 受入可能職種 | 中国ミニニュース | お問い合わせ | サイトマップ