経営効率化推進センター協同組合
活動報告組合概要事業内容受け入れ可能職種お問い合わせ
受入可能制度

■ 技能実習生受け入れ制度


 日本政府公認の下で、外国の若者を受入れ(最長5年間)、技能実習を通じて、国際人材育成および国際的技術支援を行う制度です。

 当『経営効率化推進センター協同組合』は技能実習制度の趣旨にもとづき、アジアの国際人材育成および交流に貢献しております。


■ 技能実習生の選抜基準


 受入れ企業の要望により、職種・職務経験などを優先して選抜します。


■ 技能実習生受け入れ可能な人数枠


受入れ可能な人員枠
企業従業員
(社会保険加入者数)
技能実習生人数
(1年毎に)
300名以上 申請者常勤の職員の総数の20分の1
201〜300名 15名
101〜200名 10名
51〜100名 6名
41〜50名 5名
31〜40名 4名
30名以下 3名

※下記人数枠を超えることはできません
 第1号技能実習生(1年目):常勤の職員の総数
 第2号技能実習生(2〜3年目):常勤の職員の総数の2倍
 第3号技能実習生(4〜5年目):常勤の職員の総数の3倍

※優良認定の場合、上記人数枠が2倍となります

現地面接状況

全寮生活で日本語教育を受ける

来日後、各企業で活躍する
TOP | お知らせ | 組合概要 | 事業内容 | 活動報告 | 所属団体 | 受入制度案内 | 受入可能職種 | 中国ミニニュース | お問い合わせ | サイトマップ