経営効率化推進センター協同組合
活動報告組合概要事業内容受け入れ可能職種お問い合わせ
第42期実習生が来日

組合第42期となる実習生達が9月1日に中国とベトナムより入国、空港へは企業の方々が出迎えに来てくださいました。
入国セレモニーでは、実習生代表が3年間の抱負を力強く語ってくれました。これから3年間、日本での生活が始まります。
仕事面はもちろん、生活面でもさまざまな経験を積み、大きく成長することを願っています。

組合42期生来日集合写真


約1ヶ月間の集合研修

実習生達は来日後、組合で集合研修を受講します。約1ヶ月に及ぶ集合研修の中で、日本語はもちろんのこと、 日本で生活する上でのルール(交通安全、生活一般)、労働法や入管法など様々なことを学びます。更に、弊組合では外部施設を活用した防災意識の向上、消防隊員による心肺蘇生やAED使用法の指導等、体験型の学習も取り入れています。
この集合研修期間を通じて、実習生達は日本での生活に慣れ、実習に取り組む準備を行います。

日本語学習の様子
日本文化の学習
博物館見学
警察による交通安全・生活安全教育
消防署で普通救命講習
防災センターで消火訓練
震度7の地震体験
受入れ企業との懇親会



いよいよ企業へ赴任 

集合研修の最終日に受入れ企業の方と実習生の懇親会を弊組合主催で行いました。 実習生代表の李ケイさんが日本語で3年間の抱負を述べ、企業の方々からも3年間の指針となるような激励の言葉をいただきました。

初めのうちは、実習生も日本語を上手に話したり聞いたりすることが思うようにいかないことがあるかもしれません。 やはり日本語は諸言語の中でも修得が難しい言語である上、仕事上で使う専門用語などは、一朝一夕に習得し得ないものと思われます。 その為、受け入れ企業様におかれましても、実習を順調に行えるよう、仕事面と併せて日本語もサポートしていただければ幸いです。
今後3年間実習生達がお世話になりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
 
(経営効率化推進センター協同組合)
 
 
TOP | お知らせ | 組合概要 | 事業内容 | 活動報告 | 所属団体 | 受入制度案内 | 受入可能職種 | 中国ミニニュース | お問い合わせ | サイトマップ